☆新着情報【11月28日】☆

こんにちは、UTokyo OCWスタッフです。

今日は本日公開された講義についてご紹介します(^^)

1つ目は現在開講されている学術俯瞰講義「ワンヘルスの概念で捉える健全な社会」の講義資料です。
ワンヘルス…なんだかあまり聞いたことのない言葉ですよね💧
ワンヘルスとは、『健康』について考える際に、人間の健康だけを考えるのではなく人間・動物・環境の3つ全てを健全な状態に保っていくことが大切、という概念だそうです。
講義では、農学部の先生が中心となり多分野の先生方にご登壇いただいており、文系理系を問わず誰にでも身近な話題が多い構成になっています。
詳細は→https://www.gfk.c.u-tokyo.ac.jp/

その中で、本日第7回「伴侶動物と人間社会」(佐々木伸雄先生)の講義資料が公開されました👏
http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture_1703/
講義タイトル画像(佐々木伸雄先生)
佐々木伸雄先生は獣医として犬や猫、家畜など様々な動物を診察された経験をもとに、伴侶動物=ペットが人間にどのような影響を与えるのかという観点からご講義いただきました。
ペットという身近な存在にもかかわらず意外に知らないことが多く、とても興味深い講義となっています。

また、「ワンヘルスの概念で捉える健全な社会」ではコーディネーターをつとめていただいてる農学部芳賀猛先生の2015年講義映像も公開となりました。
http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture_1346/
芳賀先生講義映像タイトル芳賀先生は動物の疫病がご専門で、日本でも大きなニュースとなった口蹄疫や鳥インフルエンザ、BSEといった動物の病気について日本でどのような対策が取られているかを含めてご講義いただきました。
ワンヘルスについても触れられていて、今回の学術俯瞰講義との関連もあるのでこちらもぜひご覧下さい!

 

UTokyo OCWとは

はじめまして、UTokyo OCWです!

突然ですが、皆さんはOCWOpencourseware)という活動ををご存知でしょうか?
OCWは、大学等で正規に提供された講義やその関連情報をインターネットで無償公開する、という活動で、2003年にマサチューセッツ工科大学によってはじめられました。2005年に日本でOCWが開始され、現在では20以上の大学で講義が公開されています。
JOCWウェブサイトより情報抜粋)
つまり・・・OCWとは大学の学生が受けている講義と同じものを無料で見られるウェブサイトなのです!※1
普段はなかなか見ることのできない講義の内容や様子を見られるなんて、なんだかわくわくしますよね?
東京大学では、UTokyo OCW 2005年に開設し、現在までに1000以上のコンテンツを公開してきました。

UTokyoOCWで配信されている主な講義としては・・・
・学術俯瞰講義
学部1、2年生向けの講義で、専門的なことを深く学ぶのではなく、「知」の大きな体系や構造をより広い視点から見ることにより、それぞれの学問領域の全体像はどうなっているのか、そして学問領域同士はどのように有機的につながっているのか、を学ぶ場を目指して開講されているものです。
文系理系様々な先生がご自身の研究分野についてわかりやすく紹介しています。
・朝日新聞社寄付講座 朝日講座
朝日新聞社の寄付講座である「朝日講座」は、毎年1つのテーマに対して様々な分野の先生がアプローチするというというものです。
学内の先生のみならず、朝日新聞の記者の方が先生としてご登壇される回もあり、思いもよらない視点から講義が展開することもあり、とても面白い講義です。
また、朝日講座は講義後にグループワークを行い、講師と学生が共に議論し合うという形式をとっていることも大きな特徴です。
講義の多くは、高校生や学部1,2年生向けの講義なので、「大学の講義は難しそう・・・」
「専門的な内容なのでは・・・」と不安に思われている方も、大学の講義と肩ひじを張らずに見ていただける内容になっています♪
トップページからキーワード検索ができるので関心のある分野の講義だけを選んでみることや、お気に入りの講義をマイリストに登録するなど、便利な機能もたくさんあります。

本ブログでは、これからも東京大学が運営するUTokyoOCWの見どころやおすすめの講義をわかりやすくご紹介していきたいと思います。
更新の際にはウェブサイト、twitterfacebookでお知らせしますので、ぜひぜひお越しください(^^*)

※1 公開に際しては、著作権上の問題のある部分等について編集を行っている箇所があります。

だいふくちゃんギャラリー