☆新着情報【11月28日】☆

こんにちは、UTokyo OCWスタッフです。

今日は本日公開された講義についてご紹介します(^^)

1つ目は現在開講されている学術俯瞰講義「ワンヘルスの概念で捉える健全な社会」の講義資料です。
ワンヘルス…なんだかあまり聞いたことのない言葉ですよね💧
ワンヘルスとは、『健康』について考える際に、人間の健康だけを考えるのではなく人間・動物・環境の3つ全てを健全な状態に保っていくことが大切、という概念だそうです。
講義では、農学部の先生が中心となり多分野の先生方にご登壇いただいており、文系理系を問わず誰にでも身近な話題が多い構成になっています。
詳細は→https://www.gfk.c.u-tokyo.ac.jp/

その中で、本日第7回「伴侶動物と人間社会」(佐々木伸雄先生)の講義資料が公開されました👏
http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture_1703/
講義タイトル画像(佐々木伸雄先生)
佐々木伸雄先生は獣医として犬や猫、家畜など様々な動物を診察された経験をもとに、伴侶動物=ペットが人間にどのような影響を与えるのかという観点からご講義いただきました。
ペットという身近な存在にもかかわらず意外に知らないことが多く、とても興味深い講義となっています。

また、「ワンヘルスの概念で捉える健全な社会」ではコーディネーターをつとめていただいてる農学部芳賀猛先生の2015年講義映像も公開となりました。
http://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture_1346/
芳賀先生講義映像タイトル芳賀先生は動物の疫病がご専門で、日本でも大きなニュースとなった口蹄疫や鳥インフルエンザ、BSEといった動物の病気について日本でどのような対策が取られているかを含めてご講義いただきました。
ワンヘルスについても触れられていて、今回の学術俯瞰講義との関連もあるのでこちらもぜひご覧下さい!

 

コメントを残す